野球

読売ジャイアンツ 一軍合同自主トレ 1/29

IMG_1172
合同自主トレ2日目はです。
1月29日は日曜日ということでもあったため、合同自主トレ初日にあたった28日(土)と比べたら、
お客さんもキャンプ並みの人数がここ宮崎県総合運動公園に集まりました。
この日の自主トレも昨日と同じようにウォーミングアップ、そしてランニングで始まり選手たちは本練習に向けての軽い汗を流しては、体を温めていました。


ウォーミングアップ後、28日でも行った"多捕"(以下ノックと表記)と言われている守備の基礎アップ的な練習を今日も実行。

ちなみにこの日の宮崎の天候、あいにくの空模様。
トレーニング開始当初は、雨こそ降っていませんでしたが、自宅から球場へ向かっている最中に雨がパラパラと。。。

予報では、日中は曇りと聞いていただけに雨が少しでも降ったとなると、この先嫌な予感があったり、なかったり、、、
もし、パラパラからザーザー降りになってしまっては、練習場所が屋内だけとなり、お客さんは当然ながら木の花ドームに集中。
集中して、挙句の果てには一定の入場者数達した時点で入場規制がかかるので、幅広く練習が見たいという人にとっては、、不利な状況。

少々降ったり、止んだりの繰り返しという中でのノックではあったが、
派手に降ることまでにはならなかったため、予定通り最後までノックを続くことができました。

IMG_1540
ノッカーは巨人の打撃投手の皆さんが担当

IMG_1552IMG_1561
今年もユーティティぶりが期待される吉川大
キャンプでの練習と同じ気持ちで真剣に守備練習に励んでいました。

IMG_1558
「はーい!オラーイ!」

IMG_1559
!?(そんなぁ・・・)

IMG_1597
外野では今日も陽岱鋼、元気にトレーニング中です。

IMG_1638IMG_1651
ノック後、野手陣は木の花ドームへ移動し、打撃練習。
WBC日本代表合宿、本戦を控えている坂本はリラックスムード。
しかし、いざケージでの打撃練習に入ると目は真剣。
バッティングも鋭さを見せてくれました。

IMG_1707
通算2000本安打という大台達成が迫っている阿部慎之助。
今日も良い状態でキャンプを迎えそうな打撃ぶりを見せてくれました。

IMG_1728IMG_1727
陽岱鋼は、外野付近で打撃練習。
前からトスを上げる形でのトスバッティング。
バットの芯の位置を確認しながら、広角に打ち分けていました。

IMG_1742
こちらはティーバッティングを行う立岡。
昨季、春先は勝負強い打撃を見せてくれたが、故障離脱が長引いてしまうなど、不本意な形で終えただけに、今年こそは打ちに打ちまくって、チーム、そしてファンへの信頼を再び得たいところです。

IMG_1735
裏口では菅野、小林共にテレビの取材を受けていました。
小林、帽子を取った形でインタビューを受けております。

-----------------------------------------------------------------------------------------------

土日を利用して訪問した合同自主トレ見学は、僕個人としてはこの日で打ち上げました。
次来るときは、キャンプインした時です。
なので、次回更新するときは、2月4日編ですので、どうぞお楽しみに。

March 12, 2017

読売ジャイアンツ 一軍合同自主トレ 1/28

IMG_1183
今年も野球がはじまりました。
合同自主トレとなると、毎年1月28日から30日までの3日間行うことがほとんどですが、今年は、ちょうどこの3日間のうち、2日は土日に中るということもあったため、僕個人の気持としては、この1月28日から事実上キャンプインな気分でした。


そんな今年の自主トレ・キャンプ訪問ですが、カメラが一眼レフへとグレードアップしました。
今までコンパクトデジカメを中心に選手の練習ぶりを撮影してきたわけですが、一眼レフへに変わったことにより、選手の猛練習・表情などがより鮮明(?)に見られるかなと思っています。

あと性能もいいわけなので瞬間な一枚が撮れることも結構あるかもしれません。


キャンプの時とほぼ同じ時刻で始まった合同自主トレは、各選手それぞれストレッチの後、ウォーミングアップ、ダッシュを繰り返すなど本練習に向けての汗を流していました。

IMG_1193IMG_1197

IMG_1204IMG_1209

ユニフォームでないため、選手はそれぞれ自前のトレーニングウェアを着用してのトレーニング。
おかげで誰が誰なのかが少々分かりずらいです(笑)
顔を見れば、なんとか特定はできるのだが、移籍してきた選手は特に分かりにくいというのか。。。

IMG_1230
帽子を取れば、"ガリガリ君"な小林

IMG_1237IMG_1238IMG_1253
(左から)トレード加入の石川(日ハムから大田、公文とのトレードで移籍)、柿澤(楽天から小山とのトレードで移籍)、そしてFA加入の森福(ソフトバンクから移籍)
巨人での活躍に期待したい所でもあります。

IMG_1260
坂本勇人です。
グアムで自主トレを行っていたため、顔が黒く焼けています。
WBC日本代表にも選ばれているため、例年以上のハイペース調整。
チームの優勝、日本の世界一に導かせようと今年は大変な一年になることでしょう。



IMG_1368IMG_1343

IMG_1349IMG_1346

ウォーミングアップ、ダッシュ後は、
キャッチボールを経て、捕手・内野手は内野へ、外野手は外野ポジションに就いてノック。
特に内野ノックは各ポジションにローテーション方式でのノック。
一定の時間までに達したら、別のポジションに就くというもの。

例としては、三塁付近で守備練習を受けた選手は次は遊撃付近へ。
遊撃付近で守備練習を受けた選手は二塁へ。
二塁付近で守備練習を受けた選手は一塁へ。
一塁付近で守備練習を受けた選手は三塁へ。

というその繰り返し。

チームではこの練習を"多捕"と呼ばれているそうです。

IMG_1336
最高の笑顔〜見せてくれ〜慎之助〜♪
ヒーローインタビューでの『最高で〜〜す!』の元祖は彼ですからね。
某魚類名のチームにそう簡単に奪われる訳にはいけませんから!MAJIDE!!

IMG_1377
森福と同様、こちらもFA加入の陽岱鋼(日ハムからFA移籍)
何が何でも優勝の力にはなってもらいたい重要な選手でもあります。
プレッシャーはあるだろうが、なんとか頑張ってもらいたい存在です。


一方の投手陣は、隣のB球場・新ブルペンで練習を行っていました。

IMG_1423IMG_1424

WBC日本代表に選ばれている菅野がブルペン入りしていました。
手に持っているボールはおそらくWBC公式球かと思います。
そうなのであれば、WBCの公式球は滑りやすいので少しでも長く手に持って感触を確かめながら、2月下旬からの代表合宿、練習・壮行・強化試合、そしてWBC本戦に向けて調整を行っていました。

内海もブルペン入り。
オフに受けた健康診断がきっかけで腫瘍摘出手術を受けたわけではありましたが、
本当に手術を受けたのかと思わせるくらいの順調な仕上がり具合でした。

その他に、高木、宮國などもブルペン入りしていました。
開幕先発ローテーション入りに向けて、合同自主トレから闘志メラメラ!
キャンプインに向けて調子の良さであり、仕上がりの良さも出ていました。
※高木、宮國の投球練習の模様の写真はFacebookで!

IMG_1458IMG_1473IMG_1476

野手陣はA球場での守備練習のあと、木の花ドームで打撃練習を行いました。
正午を跨いでの練習でもあったので、途中軽食を挟んだことでしょう、一本一本スイングを確かめながら、真剣に一球一球を打ち込んでいました。


全体での合同自主トレは、午後2時あたりに終了。
選手のほとんどはドームを後にし、場所をサンマリン内にあるウェイトトレーニング施設へ移動しての筋力トレーニングに励みながら、この日の合同自主トレの全スケジュールは終了しました。

P1400981_1
トレーニングを終えたマシソンと写真撮りました♪
今年で日本、及び巨人6年目を迎える巨人不動のセットアッパーではあるが、家族のこともあるがため、おそらく、マシソンとしては今年が巨人ラストイヤーかと…
願わくば、今年も好成績をを残して来年も巨人でプレーできることを強く願いたいというのがファンとしての本音でもありますがね。
Do it the Best!! Scott Mathieson!!

March 05, 2017

"躍進" 巨人軍、連続日本一へ の道#154〜巨人軍V9戦士たちの偉大さを感じた〜

惜しくも、球団40年ぶりの日本一連覇はなりませんでした。


チームにとっては連覇の難しさというのを改めて痛感したことでしょう。


今から40年前に日本一連覇を成し遂げた当時の読売ジャイアンツナインのことを思うと、


本当に偉人級ですね。


柴田勲さん、高田繁さん、王貞治さん、長嶋茂雄さん、末次利光さん、

黒江透修さん、土井正三さん、森祇晶さん、堀内恒夫さん、

そして当時巨人監督だった川上哲治さん

などといった巨人軍"事実上"最後の連覇であるV9を成し遂げた、
それに導いた監督・選手たちは本当に凄いことですし、連覇という大いなるプレッシャーを跳ね除けてまで達成できたという、その偉大さを強く感じました。


強い選手が集まっていたからこそ強いチームができる。


V9の要因というのはそこにもあったと思います。


今回のような敗戦ではさすがに今の巨人軍ではまだまだ力不足。

来季に向けてまたチームをゼロから立て直し、

そしてもう一度リーグ連覇を目指し、日本一を再び奪回する。


いつかは川上哲治さんが築き上げた

V9巨人軍を超えるような

チームを築くことを祈りたい。

November 03, 2013

Category
GIANTS2013
野球