日記

読売巨人軍 秋季キャンプ2017 (11/3)

IMG_1917
11/3、読売巨人軍の秋季キャンプにやってきました。
今季は11年ぶりのBクラス4位で終わった巨人軍。
今秋のキャンプは、特に若手野手陣には打力アップを図るためにと、徹底的にバットを振らせるという表現的にはややオーバーワークをさせるような感じでもありますが、何せ今のチームの主力野手陣、平均年齢的には高齢化しています。
底上げを図るには、こういった猛練習も致し方ないことでしょう。

そんなこの日の練習ですが、自分は野手陣中心の練習を視察。
球場着いた頃には、既にウォーミングアップを済ませ、いざ本格練習と入るわけですが、
この日の野手の基本メニューとしては、2手の班に分かれて、「フリー打撃」と「守備・ランニング」交代で練習。

IMG_1929
練習風景としては、秋季キャンプならではの"過酷"さを感じさせるような練習ぶり。
まだ午前だというのに、選手たちはバットを振る!!、振る!!、ただひたすら振り続ける!!

IMG_1934IMG_1937IMG_1938
IMG_1943IMG_1944IMG_1945
これでもか!これでもか!と必死に振り続ける!!(重信・松原(育成))

IMG_1976IMG_1977

IMG_2022IMG_2023

死に物狂いでバットを常に振り続ける!!(橋本・小林)

IMG_2123
班が入れ替わっても、バットを振り続けるという野手陣の姿勢は変わりません!
午後になっても選手たちは、バットを振る!!、振る!!、ただひたすら振り続ける!!

IMG_2065IMG_2066IMG_2067
IMG_2187IMG_2189IMG_2191
これでもか!これでもか!と必死に振り続ける!!(石川・柿澤)

IMG_2329IMG_2331

IMG_2368IMG_2369

死に物狂いでバットを常に振り続ける!!(吉川尚・宇佐見)

IMG_2372IMG_2373

時折、笑顔を見せながらも、それでも黙々と野手陣はバットを振り続ける!(岡本)
正直、途中「〇〇選手頑張れよー!」と声かけたくても声かけにくい…
下手に選手のペースを乱すようなことはできないという風に見えました…

IMG_2425IMG_2428

IMG_2445IMG_2448

個人練習においても、バットは振り続けていました。(重信・小林)
ここ十何年キャンプを見続けている私でありますが、一日中バットを振り続ける姿をこんな沢山見たのは初めてかも。
おそらく明日以降もバットを振り続ける日々でしょうから、例え秋季キャンプと言えどもケガには気を付けてもらいたいものです。
バットを振り続けることであって、脇腹痛とかは特に…
むしろ、11月2日の練習では途中足をつって練習を中断してしまう選手も出たり。
なんとか参加している選手たちには、この辛く厳しい秋のキャンプを乗り越えてもらいたいと思った次第でした。

November 24, 2017

Category
日記

ダンロップフェニックストーナメント2017

P1410647_1
Photo by 桑田佳三郎
ダンロップフェニックストーナメントを観に行きました。


この大会を観に行くのは3年ぶりです。


今回、松山英樹選手が出るということだったので(笑)


冒頭の写真だが、これは自分撮影のもの。


よくゴルフ系のポータルサイトからのものではございません。


今回の大会、むしろ今年の男子ゴルフツアーの大会は、一部のエリア限定でカメラ撮影が可能になりました。


今までは、選手の練習、本プレー中の妨げになるということで撮影はコース内全面禁止されていましたが、今年から一部のエリアに限っては写真、動画撮影が解禁。


自分もコンデジ持ってきていたので、それで何枚も撮りました。

P1410625
パター練習場に入る松山選手


P1410628P1410638
パター練習場も撮影可能エリア。



松山英樹選手が出てきては、練習が始まるとギャラリーは一斉にカメラを松山選手に向けていました。


この日が最終日ということだったので、ギャラリーの数も昨日以上だったことだと思います。


来場したギャラリーのほとんどは松山英樹選手の目当てだったことかと。


今や日本ゴルフ界トッププレーヤーでもありますし、


世界ランキングもトップに入るほどのプロゴルファーですからね。


これを機に生で見たい!と駆けつけたことでしょうね。


肝心な松山選手の結果ですが、


おそらくテレビでのラウンド中継、スポーツニュースとかでご存知な方もいらっしゃるかと思いますが、


結果は4日間通じて10アンダーの5位で終わりました。


残念な結果ではありましたが、


それでも特に今日、とんでもないシーンが!


3番ホールでホールインワンを達成!


自分は松山英樹選手の組を見ていたので、その時現場にいました。


具体的に言えば、ティーグラウンドにいました。


ショットを見た感じは、ピンに近く寄ってもおかしくないというくらい高く綺麗にピン方向へほぼ真っ直ぐへとボールは飛んで行ってました。


そしたら、グリーンの近くで見ていたギャラリーから大きな歓声。


その強い歓声が飛び火したかのような勢いでティーグラウンドのほうまで歓声が行き渡ってました。


ちなみにホールインワンを決めた松山本人もまさかの出来事にびっくり仰天でした(笑)


ホールに入ったボールを確認した後、ガッツポーズ!


そのボールはファンサービスとして、ギャラリーのもとへ。


獲得できたかたは、お宝中のお宝となりましたね。


大会は、アメリカのケプカ選手が優勝。


二年連続優勝という形で今年のダンロップフェニックストーナメントは幕を閉じました。



ラウンド後、クラブハウス前にて3選手からサインをいただきました。

IMG_4165IMG_4164IMG_4155
左から、シャウフェレ選手、ケプカ選手、そして松山英樹選手。


ちなみにシャウフェレ選手のサインですが、その選手が載っているページにサインしていただきました。
※水色のポロシャツを着ている選手がシャウフェレ選手です。


ケプカ選手は、優勝決定に伴う記者会見の後にサインしていただきました。


松山選手は、サイン会という形式で一定の人数まで一人一人にサイン。


松山選手の即席サイン会は、もみくちゃまでにはいかなかったが、列並びには結構な争奪戦レベル(笑)


早く並ばないと、確率的にサイン獲得は厳しいでしょうし、


むしろ運営スタッフも列整理の際、並び位置によってはサインが貰える可能性があると言うぐらいでしたし(笑)


”位置によって”ですから、最悪途中でやむを得ずキリのいいところで列を締め切ることもあり。


3年ぶりに観に行って、まさかホールインワンが生で見られるとは思ってもいませんでした。


一部エリアではあったが、撮影が解禁されたことは本当にありがたかったです。


より一層、男子ゴルフのラウンドがまた観に行きたくなりました。


あ〜、来年が楽しみだ〜(笑)

November 20, 2017

Category
日記

乃木坂の詩

image
乃木坂46が宮崎にやってきました。


乃木坂46が来たと言っても、アンダーメンバーだけによるライブでしたけどね。


※白石麻衣、西野七瀬などといった主力メンバーは不在。


アンダーとは言えども、主力に負けないくらい優雅で華麗なライブでしたし、


本当に誰がいつ選抜=主力に入ってもおかしくないくらい、


むしろ、アンダーと言えでも、さすがプロのアイドルだなと思わせるような質の高いパフォーマンスでした。


「太陽ノック」、「夏のFree&Easy」披露してくれました。


まぁ、個人的に好きな曲でもあります(笑)


この2曲は、一部のメンバーがステージから飛び出して観客と楽しむという演出でした。


自分は2階席からそのメンバーを見ていたわけですが、本物を見ると強いオーラは感じました。


ちなみに2階席に上がってきたメンバーは、樋口日奈さん、斉藤優里さん、渡辺みり愛さん、寺田蘭世さんの4名。
(だけだったかな?間違ったら御免なさい)


熱心なファンは、当然ながら視線クギづけでした。


あ、2階席から見てのステージですが、フォーメーションがはっきり見れました。


むしろ、そこから見た分、メンバーの顔ははっきり見えなかったのが玉に瑕ですが(笑)


正直、たいして何もペンライトですらなかった自分でしたが、


大変ありがたいことに、たまたま隣にいたファンの方から「一本どうぞ。」とペンライト一本お借りしていただいたという形でライブを楽しませていただきました。


正直、ほぼ地蔵な状態で終わるかなという思いでこのライブに来たわけですが、


この一声のおかげで非常に最後まで楽しい形でライブを観ることができました。


このColumnを通じて、感謝いたします。



このアンダーライブだが、乃木坂46の卒業が発表されている中元日芽香さんにとってはこれが卒業前最後のアンダーライブだったそうです。


体調面の関係で乃木坂46卒業を決めているわけですが、今回のライブを見る限りは、体調の不安は全く感じられませんでした。


1曲1曲であり、僅かな時間というのを大切にしながらパフォーマンスをしているように見えました。


体調面の関係で卒業は本当に彼女にとっては大変悔しいことだと思います。


卒業してしまうのは応援しているファンにとっては残念なことですが、


卒業して彼女自身「卒業という選択は間違いではなかった」と言えるようなそんな優雅な人生を送れることを祈りたいです。

October 21, 2017

Category
日記