日記

   

大相撲夏場所

なんだかんだとこのColumn書くのは久しぶりです。


いかがお過ごしでしょうか。


タイトルの通り、内容は相撲ネタです。


大相撲夏場所、盛り上がっています。


そして、熱いですね!


特に関脇・栃ノ心が今年の初場所で優勝してから凄まじい!


仕事しながらでありますが、よくAbemaTVで大相撲中継見ています(笑)


栃ノ心となると、もちろん作業は止まってしまいますが、


もちろん、遠藤であり、最近注目されている力士の取り組みが始まると、そうなってしまうというパターンです。


今日の横綱・白鵬との取り組みは本当にどうなることやらと・・・


結果、長い相撲の末、寄り切りで栃ノ心の白星という結果に。


この勝利で大関昇進は確実とのことみたいです。


あとは、幕内優勝が目標ですね。


最後までどうなるか、本当に楽しみなことです。


あと、宮崎県人でもある自分にとっては、


僕と同じ宮崎県出身の力士で十両の琴恵光(佐渡ヶ嶽部屋)への期待が強いです。


今日(5月24日)の取り組みも見事に勝利し、10勝2敗となり、


来場所新入幕の可能性をさらに高めては、このまま勝ち続けると十両優勝の可能性も。


十両優勝にまで発展すれば、新入幕は確実ですよね。


明日の栃ノ心、そして琴恵光の取り組みに期待大です。

May 24, 2018

Category
日記

読売ジャイアンツ 春季キャンプ2018 (2/17)



IMG_7118
13日を最後に、宮崎での巨人一軍陣営のキャンプは終わり、15日から第二次キャンプ地となる沖縄・那覇で練習をスタート。
前回視察時では、球場周辺ものすごーく賑わっていたのが、跡形もなく、何もなくなってしまうという寂しい風景に…
出店も大型スクリーンも、もちろんアンダーアーマーの特設ショップもなくなってます。

広範囲に出店・各種サービススペースとして使用されていた場所は再び駐車場へと元に戻されていました。

駐車場になったことによって球場への出入り口がより近くはなったのだが、サービスがなくなったというのが、マジで玉に瑕。

正直、アレだけは規模縮小してでもやってほしかった。
アレというのは、一軍キャンプ期間中だけサービスを行っていたレンタサイクル(貸し自転車)。
一軍陣営が去ったと同時に、レンタサイクルのサービスが終了。

広い宮崎県総合運動公園になっているだけあって、それだけはやってほしかった。
この件、巨人軍宮崎協力会会長であり、宮崎市長に聞いてみるか。


キャンプの話題になりますが、
後半に入ってきますと、一、二、三軍関係なく発展かつ実戦型の練習へ入っていきます。
この日のサンマリンスタジアムでの二軍の練習は、ピッチャーの実戦型の牽制捕殺、走者を置いた形で様々なシチュエーションでの挟殺プレー、時には塁際でのタッチプレイまでが要求されるような練習を反復的に行われてました。
(このことに関しては上記の動画を参照してください(笑))

IMG_7138
その後、実際に打者、走者を置いた形でサイン打撃練習が行われました。
上記写真は、投手の大江。
セ・リーグは、投手も打席に立つというルールになっていますからね。
最低でもバントなどといった小技をこなす必要があります。

IMG_7149
バントの打球の強さによってはダブルプレイを狙えることだってあります。
守る側にとってはいいことなのですが、攻める側にとっては、ショッキング…

IMG_7154
育成のマルティネスは、、、写真で見る限りは、バント慣れしてないのか、バント練習不足なのか、
バントするには無理があるコースからバント。

IMG_7169
マウンド上を見てみたら、元巨人投手の木佐貫さん(現巨人軍スカウト)
久しぶりの投球シーンを見ると、うーん…どこか懐かしかったです。

IMG_7172IMG_7174

バスターも立派な作戦の一つです。
今年はこの作戦を多用するところを見たいところなんだが…
さて、今年の由伸野球の方針はいかに…

IMG_7195
金城コーチが三塁コーチャーボックスから選手たちにサイン。
サインを出すコーチにとってもこの練習は大事な一つ。
正確に選手たちに伝達できているかを確かめる必要があります。

みっちりやらなかったら確実にコーチ失格レベルだろうな…

IMG_7291
一方、二軍投手陣は午後からは主に木の花ドームで練習を行っていました。
内野グラウンドでノックを受ける選手もいれば、

IMG_7303IMG_7304

IMG_7314IMG_7316

仮設ブルペンでシャドーピッチングに励む選手もいました。
所々、他の選手とピッチング談義をしているのか、あるいは世間話をしながらのリラックス感覚で練習を行っているように見えましたかね。

IMG_7323IMG_7324IMG_7325

IMG_7335IMG_7336IMG_7337

大江、高田が午後にブルペン入り。
ここ近年、午後にブルペンで投げる姿を見るということはなかったため、
スケジュール上としては珍しいような感じでもありました。
午後は午前中より結構暖かいほうでもあったため、投げる側としてはいつもより投げやすい感じだったように思えますかね。

IMG_7365IMG_7373

IMG_7391IMG_7390

サンマリンにまた戻りまして、
グラウンド上では特打が行われていました。
一塁側では青山、三塁側では新人の北村が必死にバットを振り続けては快音を飛ばしていました。

IMG_7400IMG_7402

亀井がケージ内で打撃練習。
本来なら一軍にいてほしい=沖縄で練習しているはずだが、
この日現在までも二軍で根気強く猛練習励んでいました。
他にも脇谷もケージ内に入って打撃練習に励んでいました。
(脇谷は、動画参照を!)


IMG_7278IMG_7279

IMG_7285IMG_7287

サンマリンから木の花ドームへ移動するついでに、三軍が練習している ひむかスタジアムの練習も視察しました。
三軍野手陣が二軍昇格、そして一軍でプレー・活躍を夢見て野性味のある練習ぶりが見られました。
新人の村上(上2枚)、そして高卒新人の湯浅(下2枚)ら一球一球に集中しながら打ち込んでいました。

厳しきプロの世界であるが、
今一軍でプレーしている選手のほとんどは下で一生懸命に練習を励んでことを経て、今がありますからね。
もちろん懸命に練習で培ったことを試合で結果を残す必要もありますけどね。

巨人軍主将の坂本勇人も最初は二軍でした。

今年も去年の畠みたいに、三軍から一気に一軍へと這い上がっては、プレー、そして活躍する選手が出てくることを期待したいところです。

March 15, 2018

Category
日記

読売ジャイアンツ 春季キャンプ2018 (2/12)


IMG_6484
連休最後どころか、この週末としては最後の一軍キャンプ視察となりました。
この日は、一軍キャンプ二度目の紅白戦です。
それに伴い、去年と同様、自分は早朝場所取り。

6時台後半には出発し、到着後観客席へダッシュし、試合観戦+練習風景撮影にはGoodポジションな席を確保に成功。
てか、去年と比べたらそんなに場所取り合戦というくらいのレベルではなかったですね。
焦ることなく、ラクに取れました(笑)

早朝に出て、席もすんなり取れたので、せっかくなので今年2度目のグラウンド体験ツアーの列に並ぶことに。
列もそんなに長い位置からではなかったので、ツアーのIDパスは悠々と取れたわけだが、この日は紅白戦開催に伴い、パス配布後すぐにツアー出発。
※前回参加時は、配布後一旦解散し、決まった時間に再び所定の位置に集合。そして出発。

紅白戦開催に伴い、野手と投手は場所を分かれてのウォーミングアップ開始。
野手組はサンマリン、投手組はB球場。
グラウンドツアーは、当然ながらサンマリンで行うため、野手のウォーミングアップをほぼ"間近"で見ることに。

IMG_6489IMG_6502IMG_6522

IMG_6525IMG_6541IMG_6545

IMG_6574IMG_6576IMG_6578

IMG_6585IMG_6598IMG_6600



ウォーミングアップ終了と同時に、ツアーも終了となるわけですが、
終了しての球場から去り際、阿部、坂本らが外野をランニングしていました。
退場をしながら、その模様を撮影。

IMG_6603

IMG_6608IMG_6612

ちなみに外野ランニング組は、この日の紅白戦出場の予定はなかったとのこと。
この日の紅白戦は、1回目の紅白戦と同様、若手主体による紅白戦開催に。

IMG_6621IMG_6632

一塁ファールグラウンド側では、若手主体による科学的なトレーニングをしていました。

IMG_6637IMG_6639

科学的なトレーニングというのは、上記のようにカウントダウンの末、青に変わってからのスタート時のタイムを計測かつ、瞬発力トレーニング。(というのかな?)
青に変わるタイミングが、毎回違うため、ちょっとスタートしようとしたらグラつく選手もいたり、いなかったり。
グラつく=牽制時に裏をかかれるリスクもあるであり、盗塁時のスタートも遅れやすくなる。

IMG_6657IMG_6658


IMG_6672IMG_6673

紅白戦には出なくても、最低限の全体練習には参加。
阿部は、ランニングの後、ファールグラウンドでキャッチボール、球拾いを兼ねた内野ノックを受けていました。

IMG_6671IMG_6668

マギーも黙々と三塁手としてノックを真剣に受けていました。

IMG_6642IMG_6688

こちらも紅白戦出場しない組(陽、長野)
紅白戦直前まではサンマリンで練習していましたが、ゲーム開始時には木の花ドーム内で練習をしていたみたいです。

IMG_6670
第2クールから臨時コーチとして指導した松井秀喜さんもこの日が最終日。
ケージの後ろから選手たちの打撃ぶりを見ています。
松井コーチ曰く、期待の選手は岡本和真とのこと(ズムサタ(プロ野球熱ケツ情報)談)

IMG_6679IMG_6680

正二塁手の期待の高い2年目の吉川尚。
守備力の高さが売りでもあるため、この日の紅白戦はレベルの高い守備が見られるかどうか期待したいところ。
シーズン中でも楽しみにしたいところでもあります。
>広島・菊池張りのプレー期待!

IMG_6646
二軍から紅白戦出場権を獲得した和田。
去年のこのころは、二軍・三軍いったりきたりと何かと怪しい一年と感じていたが・・・
何かを持っているのかどうやら。
せっかくのチャンスをものにしてもらいたいところです。


IMG_6722
打撃練習後、円陣を組んでの松井臨時コーチが選手たちに激励の言葉をあげていました。
この日が松井さん最後でしたからね。
指導を受けてもらった選手一人でも多く、失敗を恐れず大成してもらいたいところです。

IMG_6752IMG_6760

両軍のスターティングメンバー。先発出場メンバー全員20代。
20代と言えども、選手によっては中堅選手も入っています。

IMG_6756
白組先発の畠。
初回こそ無失点で抑えたのだが、続く2回に二死後、下位打順からの連打攻勢を浴びてしまい、2回を投げて3失点。
幸先の悪い2018年の実戦初登板となった。

IMG_6769IMG_6774

その畠から一打を放った新人の大城(左)と同じく新人の北村(右)。
大城は、先制の狼煙を上げるヒットで出塁する。
そして北村がチャンスの場面を活かし、タイムリーを放つことに成功した。

IMG_6782IMG_6787

白組は、新人・岸田のタイムリー三塁打、そして青山のホームランが飛び出すなど、2回は4点を挙げた。

IMG_6797
ヤングマンが3回から登板。日本での実戦マウンドは今回が初でしょう。
結果、日本が一番厳しいと言われているボークのルールに苦しんでました。
1イニングで2ボークを取られ、そのうちの1個がボークで失点を浴びてしまうなど、不安と課題を残してしまう結果となった。

IMG_6815
小林が3回にタイムリー二塁打を放つ。
この日の小林は、二塁打を2本放つなど巧みに長打を決めるなど、松井コーチによる指導効果が表れているように感じた。

IMG_6853
今年に懸ける思いが強い山口俊。
1回を投げて無安打無失点で抑えるなど、順調な仕上がり具合が見られた。
懸ける思いが強いように見える分、オーバーワークで不調という心配があったのだが、現時点では心配ないというように見えた。
あとはイニング数徐々に増やした形でどんな投球が見られるかが楽しみなところ。

IMG_6889
FA移籍の野上も登板。
1イニングこそ投げたものの、味方エラーも絡んで被安打2本の2失点。
味方エラーの後のピッチングがうまくいかず、粘り強さに欠ける結果となった。

IMG_6890
DH出場の田中貴はこの日打棒爆発!!
4安打固め打ちを決めるなど、開幕一軍捕手陣入りに向けて大きなアピールを見せてくれた。
あとは守りでもどう結果を残してくれるかというが気になるところだ。

IMG_6953
凱旋登板となった宮崎県出身の田原。
ヒット1本こそ打たれたが、1イニングをン投げて無失点。
なんとか故郷へ錦を飾る結果を残すことができた。

IMG_7030IMG_7031

将来の中継ぎエースであり、"僕的"ポスト マシソン候補の廖(リャオ)。
被安打1本打たれては、四死球2つを与えはしたものの、結果は無失点ピッチング。
しかし、内容的には制球難があるように見えたため、開幕一軍入りにはやや内容的に厳しい結果。
ただ、オープン戦で1試合か2試合ぐらいは出場メンバーに抜擢してはその投球ぶりを見てみたいところ。

IMG_7039

試合は、10-4で紅組が勝利という結果で終わりました。

IMG_7082IMG_7085

試合後、自分はB球場方面へ移動しまして、長野と重信が特守を受けていました。


IMG_7084
ノッカーは、大西コーチ。
今日も精いっぱい高々とした打球であり、外野手オーバーになるような大飛球を打ち込んでは選手たちを鍛えさせていました。


背面キャッチをして終わりというミッションを受けた形で長野・重信による特守は終わったのでした。
特に長野は、なかなか背面キャッチが成功できず、若干笑いがこぼれてしまうようなプレーを連発。
長野自身、なんとかあきらめることなくしっかり最後までこのミッションをこなしていました。


冒頭では書いた通り、私の取ってはこの日が一軍キャンプ最後の視察。
期間的にはあっという間であったが、今年の宮崎の2月は例年以上に寒い日々が続きました。
ただ晴れ日和は続いたというのは、ある意味よかったことでしょう。

では次回から、二軍・三軍主軸へと移させていただきます。

March 05, 2018

Category
日記