一軍選手登録がまた変わりましたね。
ホントに数日に1回ペースの選手の人事異動。

まぁ、プロ野球とかJリーグとかのプロスポーツリーグは毎年毎年であり毎日毎日が競争社会ですからね。

主力の上げ下げは当然のこと。

年間通して成績を残せないやら実力を見せつけられなければ、給料ダウン、あるいは自由契約へと発展しますから、プロスポーツもサラリーマンも大変なことだ。



話を一軍登録に戻しまして、



俺の好きな矢野が二軍落ちではないか〜〜!!



きっぱり言っちゃ申し訳ないが、まぁ降格は当然のことでしょう。
ケガ完治してから二軍で1試合出したあとすぐ一軍昇格でしたから、彼にとってはケガ感知後の調整やら実績を残してないわけですから、これから二軍戦で実績を積んだのちにまた一軍に戻ってきてほしいよ。

林も落ちたそうだな。

彼も当然のこと。
制球力は良いものの、球筋がねぇ・・・

走り込みを軸にしっかり調整して、また上がってきた際は"完全復活"を印象付けるピッチングを期待したい。


逆に上がってきたのは・・・

今年開幕一軍入りの栂野に、


坂本と同期入団であり同世代の田中!


彼は坂本とは逆に"パワー"型の野手だ。去年ファームで10本のホームランを打ったみたいだし、彼の実力面も期待している。

え、じゃ坂本は何型かって?


まぁ、、、ミート型ですね。


さて、試合だが、
4連敗中とさらに借金地獄にへと陥っている巨人はグライシンガーを先発に連敗ストップへ!


連敗ストップを決めるには序盤からの攻撃が大事!

先頭の坂本のヒット、木村拓の四球で無死一、二塁のチャンスを作り、


小笠原が先制タイムリーツーベース!


無死二、三塁と初回から複数得点が期待される中、26試合連続安打中のラミレスが打席に立つが、フライアウト。。。

続く、谷はセンター抜けるかと思われた当たりを相手の好守に凡退・・・

でも、その間にキムタクがホームイン♪


その後、阿部もタイムリー!



この回3点先取と連敗ストップへ大きな土台を築いた。



しかし、一方のグライシンガーは初回、制球派投手としてはらしくない先頭打者に四球で出してしまい、その後村松に繋がれこちらも無死二、三塁とチャンスを築かされ、カブレラが打席に立つも、、、



抜ければ2点タイムリーともいえるセンターへ転がる打球を坂本が好守で1アウトを取る。(しかし、その間1点を失う)
この後のローズ、北川は抑え、1点で切り抜けたが、

4回にグライシンガーが牽制悪送球で1点を失い、1点差縮められてしまう・・・


なんとか、追加点を取りたい巨人打線は、初回以降から毎回のようにヒットで出塁するも、今日はオリックスの二遊間の好守がさえまくったこともあり、点に結び付けられない・・・


そして7回。
1アウト後木村拓が二塁打で出塁し、続く小笠原は一塁ゴロとなるも木村拓を三塁に進ませる進塁打に。
この場面で3回、5回にヒットを放ち連続試合安打を27に延ばしたラミレスが打席に立つが、、、


敬遠・・・


続く谷が、




セカンドが好守を見せるも内野安打で貴重な追加点!!



2点差にし、終盤の8回に豊田、クルーンとピンチを招くピッチングであったが中継ぎ・抑えときっちりと役目を果たした!



グライシンガー勝ったか。。。

本当にここ最近、彼らしくない投球が目立っていたから本当に心配心配でたまらなかったよ。。。

ちょっとは楽になった・・・かな?


そーいえば、今日ネットで中継見てたんですけど、
今日勝ったグライシンガーにはなんか、場内放送から流れたことだが、ケ●ミン 焼ビーフンなどの飲茶セットが贈られるみたい(これマジ、ワロタwww)

グライシンガーは中華料理は好きなんでしょうかねぇ? ;^^

てか、焼ビーフンのビーフンの本場はたしかベトナムだったような・・・気が・・・


違ったらゴメンm(_ _)m



てか、今日の試合のスコアブック見たら先発全員安打決めてるしwww

先発全員といっても、一部の選手は外野には飛ばさず転がさずの内野安打のみ。

内野安打数数えたら6本


1つはセカンドの内野安打、残りの5つはピッチャーの内野安打。


相手投手にとってはイラついたことでしょうね。

投手の守備というより、スカイマークの土の質、あるいは内野にも敷かれてる芝に助けられたような。。。



今日の試合も加治前のバッティングは見られなかったかぁ〜・・・(今日は守備要員)
明後日からの東京ドーム4連戦で一打席でも二打席でもいいから見たいもんだよ。

プラス田中大二郎も見たいもんだぜ!


明後日は東京ドームで、ロッテ、西武とのドーム4連戦。

西武は大して所沢でやったときとは変わらないと思うが、
特にロッテが非常に厳しいことであり、難しい!

ロッテの正捕手・里崎が戻ってきたからな。
前回対戦した時の捕手は金沢でしたから、レベルとしては序の口。
だから、巨人は打てた。

しかし里崎となると、簡単に打たせてはくれない。これ当然。
攻略するには、相手バッテリー間の呼吸を乱す、またはその日の先発投手の欠点であるところを積極的に叩きにいくことだろう。



交流戦は折り返し地点へ!


明後日から勝ち星積み上げていくぞ!!


若手選手も結果恐れず、


野手は"強気"で打ち込んで、投手は"強気"で抑え込め!





<勝>[ 巨人 ] グライシンガー(6勝3敗0S)<敗>[ オリックス ] 金子(2勝6敗0S)
<S>[ 巨人 ] クルーン(0勝1敗17S)
<投手リレー>
[ 巨人 ] グライシンガー、豊田、クルーン − 阿部
[ オリックス ] 金子、吉野、川越、菊地原、本柳 − 鈴木、日