image
乃木坂46が宮崎にやってきました。


乃木坂46が来たと言っても、アンダーメンバーだけによるライブでしたけどね。


※白石麻衣、西野七瀬などといった主力メンバーは不在。


アンダーとは言えども、主力に負けないくらい優雅で華麗なライブでしたし、


本当に誰がいつ選抜=主力に入ってもおかしくないくらい、


むしろ、アンダーと言えでも、さすがプロのアイドルだなと思わせるような質の高いパフォーマンスでした。


「太陽ノック」、「夏のFree&Easy」披露してくれました。


まぁ、個人的に好きな曲でもあります(笑)


この2曲は、一部のメンバーがステージから飛び出して観客と楽しむという演出でした。


自分は2階席からそのメンバーを見ていたわけですが、本物を見ると強いオーラは感じました。


ちなみに2階席に上がってきたメンバーは、樋口日奈さん、斉藤優里さん、渡辺みり愛さん、寺田蘭世さんの4名。
(だけだったかな?間違ったら御免なさい)


熱心なファンは、当然ながら視線クギづけでした。


あ、2階席から見てのステージですが、フォーメーションがはっきり見れました。


むしろ、そこから見た分、メンバーの顔ははっきり見えなかったのが玉に瑕ですが(笑)


正直、たいして何もペンライトですらなかった自分でしたが、


大変ありがたいことに、たまたま隣にいたファンの方から「一本どうぞ。」とペンライト一本お借りしていただいたという形でライブを楽しませていただきました。


正直、ほぼ地蔵な状態で終わるかなという思いでこのライブに来たわけですが、


この一声のおかげで非常に最後まで楽しい形でライブを観ることができました。


このColumnを通じて、感謝いたします。



このアンダーライブだが、乃木坂46の卒業が発表されている中元日芽香さんにとってはこれが卒業前最後のアンダーライブだったそうです。


体調面の関係で乃木坂46卒業を決めているわけですが、今回のライブを見る限りは、体調の不安は全く感じられませんでした。


1曲1曲であり、僅かな時間というのを大切にしながらパフォーマンスをしているように見えました。


体調面の関係で卒業は本当に彼女にとっては大変悔しいことだと思います。


卒業してしまうのは応援しているファンにとっては残念なことですが、


卒業して彼女自身「卒業という選択は間違いではなかった」と言えるようなそんな優雅な人生を送れることを祈りたいです。