P1410647_1
Photo by 桑田佳三郎
ダンロップフェニックストーナメントを観に行きました。


この大会を観に行くのは3年ぶりです。


今回、松山英樹選手が出るということだったので(笑)


冒頭の写真だが、これは自分撮影のもの。


よくゴルフ系のポータルサイトからのものではございません。


今回の大会、むしろ今年の男子ゴルフツアーの大会は、一部のエリア限定でカメラ撮影が可能になりました。


今までは、選手の練習、本プレー中の妨げになるということで撮影はコース内全面禁止されていましたが、今年から一部のエリアに限っては写真、動画撮影が解禁。


自分もコンデジ持ってきていたので、それで何枚も撮りました。

P1410625
パター練習場に入る松山選手


P1410628P1410638
パター練習場も撮影可能エリア。



松山英樹選手が出てきては、練習が始まるとギャラリーは一斉にカメラを松山選手に向けていました。


この日が最終日ということだったので、ギャラリーの数も昨日以上だったことだと思います。


来場したギャラリーのほとんどは松山英樹選手の目当てだったことかと。


今や日本ゴルフ界トッププレーヤーでもありますし、


世界ランキングもトップに入るほどのプロゴルファーですからね。


これを機に生で見たい!と駆けつけたことでしょうね。


肝心な松山選手の結果ですが、


おそらくテレビでのラウンド中継、スポーツニュースとかでご存知な方もいらっしゃるかと思いますが、


結果は4日間通じて10アンダーの5位で終わりました。


残念な結果ではありましたが、


それでも特に今日、とんでもないシーンが!


3番ホールでホールインワンを達成!


自分は松山英樹選手の組を見ていたので、その時現場にいました。


具体的に言えば、ティーグラウンドにいました。


ショットを見た感じは、ピンに近く寄ってもおかしくないというくらい高く綺麗にピン方向へほぼ真っ直ぐへとボールは飛んで行ってました。


そしたら、グリーンの近くで見ていたギャラリーから大きな歓声。


その強い歓声が飛び火したかのような勢いでティーグラウンドのほうまで歓声が行き渡ってました。


ちなみにホールインワンを決めた松山本人もまさかの出来事にびっくり仰天でした(笑)


ホールに入ったボールを確認した後、ガッツポーズ!


そのボールはファンサービスとして、ギャラリーのもとへ。


獲得できたかたは、お宝中のお宝となりましたね。


大会は、アメリカのケプカ選手が優勝。


二年連続優勝という形で今年のダンロップフェニックストーナメントは幕を閉じました。



ラウンド後、クラブハウス前にて3選手からサインをいただきました。

IMG_4165IMG_4164IMG_4155
左から、シャウフェレ選手、ケプカ選手、そして松山英樹選手。


ちなみにシャウフェレ選手のサインですが、その選手が載っているページにサインしていただきました。
※水色のポロシャツを着ている選手がシャウフェレ選手です。


ケプカ選手は、優勝決定に伴う記者会見の後にサインしていただきました。


松山選手は、サイン会という形式で一定の人数まで一人一人にサイン。


松山選手の即席サイン会は、もみくちゃまでにはいかなかったが、列並びには結構な争奪戦レベル(笑)


早く並ばないと、確率的にサイン獲得は厳しいでしょうし、


むしろ運営スタッフも列整理の際、並び位置によってはサインが貰える可能性があると言うぐらいでしたし(笑)


”位置によって”ですから、最悪途中でやむを得ずキリのいいところで列を締め切ることもあり。


3年ぶりに観に行って、まさかホールインワンが生で見られるとは思ってもいませんでした。


一部エリアではあったが、撮影が解禁されたことは本当にありがたかったです。


より一層、男子ゴルフのラウンドがまた観に行きたくなりました。


あ〜、来年が楽しみだ〜(笑)